安全への取組

 建設業にあっては、安全への取組は使命であり、ひとたび重大災害が発生してしまいますと、全ての人が不幸となってしまいます。

 そのために、各建設会社で様々なこだわりをもって安全には取り組んでおられます。

 当社も埒外ではなく、今までに安全対策には万難を排して臨んでまいりましたが、これからも安全配慮には油断無く取り組んでまいります。

イメージ画像

リスクアセスメントの充実

 平成18年4月の改正労働安全衛生法の施行により、建設業の事業者は危険性又は有害性等の調査(リスクアセスメント)を実施し、その結果に基づいて検討した災害防止対策を実施することにより、未然に労働災害を防ぐことが努力義務事項とされました。

 リスクアセスメントを実施する場合の実施ステップは、次の通りですが、それに準じて実施しております。

  • 実施する工事、工種、作業内容等を決定する
  • 設計図書、施工計画書、作業手順書、KYミーティング記録、ヒヤリ・ハット事例、取扱説明書等の情報を入手し整理する
  • 作業手順書等、入手した情報をもとに、危険性又は有害性について、労働災害に至る流れを想定しながら、具体的に特定する
  • 労働災害の重篤度(災害の程度)と労働災害が発生する可能性(頻度)の度合いを組み合わせて、リスクの大きさを見積もる
  • リスクの見積りの結果、優先度が高いと評価されたリスクから、実施責任者が中心となって、リスクの除去、低減措置を検討する
  • 検討したリスクの除去・低減措置について、確実に実施するよう推進する
  • リスクアセスメントの実施状況について記録を確実に保存するとともに、さらなる改善が必要かどうか、見直しを行う

KY(危険予知活動)の万難を排した実施

 KY活動もリスクアセスメントと同じく災害防止対策のための予防的手段として建設業では古くから、広く活用されています。

 KY活動は、その日その日、現場で作業を始める前に「どんな危険が潜んでいるか」を作業者がお互いに出し合い、話し合って共有化し、危険のポイントと行動目標を定め、作業の要所要所で指差呼称を行って安全を確認してから行動する活動です。

 日々実践することにより作業者のリスクに対する感受性を鍛え、リスクを回避することで労働災害を生じないようにする活動です。

 一方でリスクアセスメントは、職場のリスクを定量的に見積もり、対策の優先度を決め、リスク低減措置としてリスクそのもの(機械設備や化学物質等)の除去や低減、適切なマニュアルの作成、保護具の使用などの措置を管理者や経営層を含めて検討し、措置を実施することで労働災害が生じないようにする取り組みです。

 リスクアセスメントとKY活動を一体的に活用すると、より一層有効なものとなるわけです。

 そうした手間暇を惜しまずに、万全な安全配慮を継続いたします。

ヒヤリハットの振返りと改善活動

 製造業などではしっかり出来ているのかも知れないのですが、ヒヤリハットの管理も重要です。

 当社は、まだそこまではやり切れていないのが現状です。

 しかし、より安全対策を確立させるために、日々は無理でも、ウイークリーやマンスリーで、ヒヤリハットの振返りと予防活動への反映を目指したいと考えます。

 他業界の方に伺ったのですが、ヒヤリハットを集計すると、面白いことに同じ箇所でヒヤリハットが起きており、長い目で見るとあまりずれが無いそうなのです。

 その危険ポイントが数値できちんと明確に把握されれば、より効果的な安全対策になるものと考えられますので、当社でもヒヤリハットのざっくりとした集計からでも進めたいと思っている現在です。

東亜興業の安全打合せの様子


このページの先頭へ